薬膳

薬膳とはその名の通り「薬」となる「膳、つまり食べ物」のことです。

「中医学」という中国の伝統的な医学にある「食べ物による療法」のことで、「病気ごと人全体として捉える」という中医学的な考え方から生まれたものです。自分の体質や健康状態と食材の機能を知り、体質や健康状態に合わせた薬膳をとることによって、体内のバランスを整えていくことが重要です。

medicinal cuisine と英語で表されることも多いのですが、そこまで「薬」というイメージではないのかなぁと・・・誰でも、喉が痛いな〜と思ったらはちみつをとったり、お腹の調子が悪いなぁと思ったらヨーグルトを食べたりすると思うのですがそれを突き詰めたものという印象です。


「食材の機能」

食材の機能を5つ「性」に分類し、身体を温めたり、冷やしたりとします

「寒」<「涼」<「平」<「温」<「熱」
*右へいくにつれて、身体を温めます。

「涼・寒」では、身体を冷やし、熱を除く。毒を排泄し、便通を整える

「平」では、熱・寒に偏らず、滋養強壮作用がある

「温・熱」では、身体を温め、痛み止め、気・血の巡りを良くする

という機能に分かれています。さらに、

「気を補う」「気を巡らせる」「気の流れを治す」「血を補う」
「血を巡らせる」「水の偏りを無くす」「水を補う」「下焦の虚を補う」
「身体を温める」「身体を冷やす」

など、食材によって身体に対する作用があります。

それらの食材を組み合わせ、身体状態に合わせた薬膳料理を作っていくという形です。


「証」という8つの症状

食べる人や季節によって生じやすい状態を「証」と言い、この証に合わせ、先述した様々な身体の作用を考えて食材を組み合わせ、料理を作ります。証は8つに分けることができます。

気虚証:全身がだるい・食欲がない

気うつ・気滞証:眠れない・頭が重い

気逆証:イライラ・急に起こる頭痛

下焦の虚証:下半身が冷える・腰が痛い

血虚証:皮膚が乾燥する・毛が抜けやすい

瘀血証:肩こり・生理不順

水毒証:むくみ・めまい

亡津液証:便秘


「食」するということは、身体に必要なものを外部から取り入れるということです。便利だから・安いから・美味しいから・・・などと偏った食事をしていると、それが身体を作っているということをよく考えた方が良いと思います。

現代は、「どこでも」「いつでも」「なんでも」買えるので、ついつい好きなものを食べがちですが、その季節にあったものを食するということは身体を作る意味でも重要なことです。

トランス脂肪酸は悪者

だいぶ知られるようになった、最悪の油「トランス脂肪酸」。

「食べるプラスチック」(分子式がプラスチックと類似)と呼ばらたりしています。

誇張しすぎという意見もありますが・・・世界的な視点では、

 

デンマークでは2003年から規制が始まっていて、現在ではすべての食品について油脂中のトランス脂肪酸の含有量を2%以下に制限

アメリカでは2018年から全面禁止となっています。

現状での日本の対応はまだ遅れています。

製パン会社が「減量していきます」言っていましたが、そもそのも使用量が多すぎる!!CMでもまだ「マーガリン、ジュッワー!」言っていますからね・・・


栄養にならないどころか、毒と言われています。

研究では

心筋梗塞や狭心症のリスク・アレルギーの増加・肥満になりやすい・・・などなどネガティブな結果が出ています。


「マーガリン」がよく叩かれますが、他にも

ショートニング:菓子パンや、クッキーにめちゃめちゃ入っている

サラダ油やキャノーラ油にも入っている

コーヒーフレッシュ:「ミルク」いかがですか?言われると「嘘つき」と思う

などなど、普段から食しているものに大量に入っています。


それらを「絶対食べない」というのは現実的に難しいと思います。

それらが身体に良くないことを理解し食べるのと、理解しないで食べるのとでは、その他の食事や生活の仕方が変わってきます。

しっかり知識として親も、子供たちも知っておきたいですね。

脂質は摂らない方がいい?

脂質にも種類があります。

2つにわけると、

「飽和脂肪酸」・・・肉類/バターなど動物性

「不飽和脂肪酸」・・・植物性/魚

固形物が飽和脂肪酸・液体が不飽和脂肪酸になります。


飽和脂肪酸はできるだけ摂らない方が良いと言われています。理由は、常温で固体のため

 

「常温で固体となる飽和脂肪酸は、人間の体内で解けないため、血液中で固形化してしまう」とのことです。

消化吸収の際に分解されてもダメなのか??

ですが、極力食べない方が良いというのは色々な場所で言われています。


一方、不飽和脂肪酸にも種類があります。

一価不飽和脂肪酸 :オリーブオイル・マカダミアナッツ・ヘーゼルナッツなど

多価n3系不飽和脂肪酸(オメガ3)

:ごま油・亜麻仁油・くるみ・マグロ・さば・さけ

多価n6系不飽和脂肪酸(オメガ6)

:ひまわり油・大豆油・コーン油・卵・さわら

 

不飽和脂肪酸では、オメガ3系が大人気です。

現代人はオメガ6系をとりすぎているのですが、それらのバランスが重要です。

「亜麻仁油」など最近話題となっておりますが、それらオメガ3系だけをとっていてもダメです。

何事もバランス!よく食事をとっていきましょう。

オメガ3系:オメガ6系は1:4程度

しっかり摂っていきましょう

 

 

 

身体は食べ物が作っている

食事(水や空気などを含め)が身体を変えていきます。

しかし・・・そこまで考えて食事をとっていますか?

 

「骨」は2年前の栄養

「細胞・血液・血管・器官」は3ヶ月まえの栄養

と言われており、

細胞・血液・血管・器官を動かす&毒を排泄させるのは、3日前のビタミン・ミネラルと言われています。

食べたものは長期間にわたり身体を機能させています。

それだけしっかりと栄養をとることは重要になります。

 

どんな食物でも、収穫から時間がたてばたつほど、栄養素は逃げて行ってしまいます。ですので、「地産地消」ができるだけいいと思います。

できなくとも、「国産」「地元産」のものをしっかり摂るようにしましょう。

 

(わたしも昔そうでしがた・・・)

お肉や魚など、30%引きなどされていると思わず買ってしまいます。

気持ちとしては「賞味期限はまだだからな〜」

実際としては、栄養素が減った食品をわざわざ食べている。

せっかく食事をするのに、もったいない・・・ですよね?

 

本来は、「せっかく栄養をとるなら、いい栄養を」

という考えが非常に重要だと思います。

食事と消化器官

消化器官の働きは

午前4時〜正午  :排泄

正午〜午後8時  :摂食

午後8時〜午前4時:吸収

 

が優位になると言われています。

 

ですので、朝は無理に食べなくても良いという考え方もあります。

特に成人の場合は、解毒の時間(消化管に負荷を追加せず、内容量を減らして行く時間)をしっかり作ると良いでしょう。

 

子供の場合も、消化器の負担を減らすためにあまり食べなくてよいと言われています。しかし、「朝練」や「午前練」がある場合は、しっかりエネルギーを摂取しないと動けませんし、せっかく行ったトレーニングが身体に宿りません。

また、しっかり早起きをして胃腸の準備を整えてから食べるようにしましょう。

 

また、胃腸も時々は休憩が必要です。胃腸器官が衰えてしまうと、解毒、代謝機能が低下してしまいます。

たまになら、朝寝坊・夜早く寝てしまうなど、意図せずに食事ができないことがあってもいいでしょう。