プールコンディショニング・アクアコンディショニング

「水は健康の源である」

水を利用した身体機能の改善や疲労回復のアプローチは古くから用いられ、今ではそれを「アクアコンディショニング」として利用されています。水中では

・浮力

・水の粘性抵抗

・水圧

・水温

などが身体への生理的反応をもたらし、陸上では得られない多様な身体機能への効果をもたらしてくれます。


【水がもたらす生理的反応】

○浮力

・山本利春:アクアコンディショニングの有効性 トレーニング科学, Vol.19, No.3, 2007

記載されているように、水深が深くなればなるほど、体重が軽減されていきます。関節や筋に問題を抱える人(選手や高齢者)にとっては、軽い体重負荷で運動ができる絶好の機会を作ることができます。ただし、注意点として、プールから出るときは、脳がその体重負荷に慣れてしまっているので、気をつけましょう。身体の準備ができず、筋肉の反応が遅れて負担が強くかかってしまいます。

○粘性抵抗

「プールの中は歩きづらい」ですよね?体重が軽減されていることもありますが、水の粘性抵抗がかかるので、動きづらくなります。さらに、抵抗は速さと抵抗面積に比例するので、大きな面を早く動かすとかなり大きな粘性抵抗がかかってトレーニングになります。よく高齢者が「水中ウォーキング」をしますが、筋トレにもなって、ひざへ優しいいい運動になります。
また、私がお勧めするのは「ジャンプ」の練習です。陸上でのジャンプでは、重力加速度が生じ、関節や筋へは着地衝撃が生じます。水中では粘性抵抗と浮力によって、着地時の衝撃がほとんどかかりません。身体全身を重力に抗して働かせるいい運動になります。

○水圧

・山本利春:アクアコンディショニングの有効性 トレーニング科学, Vol.19, No.3, 2007

下(足の方)に行くほど水圧が高くなります。つまり、陸上とは逆に、下肢末梢の血流が水圧の小さい心臓の方へ還流しやすくなります。この静脈還流の促進はかなり有効で、疲労物質の多く含まれる静脈血がより早く心臓へ戻され、疲労回復効果があります。ですので、陸上でのトレーニング後にアイシングを兼ねてのプールウォーキングは筋疲労だけでなく、血流改善による疲労回復も期待できるということです。

○水温と熱伝導

水の熱伝導率は空気の約23倍なので、全身を冷やして筋の過剰な炎症を抑えたいときや、温めてリラックスさせたい場合などに有効です。また、交代浴(お湯と水に交互に入る)により、血管の収縮と弛緩を促しての血流改善も可能です。


【アクアトレーニングのススメ】

このように、アクアトレーニングには色々ないい点があります。また、重力をかなり軽減させ、無重力に近い状態で運動できることもあり、リラックスした状態で、関節の可動域(特に肩甲骨)を目一杯使っての自動運動が可能になります。伸ばした手にも浮力がかかるので、動かす方向に抵抗がかかるだけで無駄な力が入らずに動かせるというわけです。

現在、クライアントを水中でコンディショニングしたことはありませんが、ひょっとしたらかなり有効かもしれません。ただ、私自身が上手に動けなく、サポートが難しくなる可能性は非常に高いと思いますが・・・
しかし、一人でやるトレーニングとしてはリスクも少なくかなり有効でしょう。