腸を元気にする食事

腸を健康にするということは、腸内細菌の善玉菌を増やすということです。
それは、発酵食品、やはりヨーグルトがいいようです。
ロシアの「メチニコフ」という研究者は、一日に300〜500gのヨーグルトを食べることを推奨しています。
「メチニコフ」は「免疫食細胞説」でノーベル賞を受賞しており、
腸内の腐敗を防ぐため、老化を防ぐためには、ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌により腐敗菌の働きを抑え込むことが必要と考え、老化と腸内細菌についての研究をした「動物・食細胞学者」です。


さらに食物繊維も重要となります。
「食べ物のカス」と呼ばれていたこともあります。
「吸収されない」栄養素であり、食感も悪いので、食物繊維は嫌われていました。それにより精製技術が向上してきました。《白いパンや白いご飯》

しかし、食物繊維の機能が再考され、現在では「第六の栄養素」としての地位を確立しています。
では「食物繊維」の何が腸に良いのでしょうか?


食物繊維は

  • 水溶性
  • 不溶性

の2種類があります
「水溶性」とは水に溶ける食物繊維です。
果物、野菜に多く含まれるペクチンや、こんぶやわかめなど海藻類に多く含まれるアルギン酸、生のこんにゃく芋に含まれるグルコマンナンなどが水溶性に分類されます。
水溶性食物繊維は水分保持力が強く、水に溶けるとドロドロのゲル状に変化します。そのため、栄養素の吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を防ぐ効果、コレステロールなどの余分な脂質を吸着し排出するなど、体への吸収を抑制する作用があります。また、腸の粘膜を守る効果、善玉菌を増やす効果もあるため、整腸作用があります。

「不溶性」とは水に溶けない食物繊維です。
胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみます。これにより、便に腐敗物質を一緒に流したり、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通を促進します。腸にとって不要になったものをデトックスしてくれる効果があります。


先述したように、昔は食物繊維を除去することに苦心していました。
そのため、精製技術が進み、今ではパンといえば白いパン、お米といえば白いお米となりました。
現在では、意識して食物繊維を取らないと不足してしまいます。食事には野菜やきのこ、海藻、豆類を多く取り入れるほか、お米は玄米にする、白米なら麦など雑穀を混ぜて炊く、パンは全粒粉に変えるなど、少しずつでも意識的に取り入れましょう。