筋膜アプローチ

では、どの筋膜にアプローチしていくか?

まずは「筋外膜」が良いかと思います。
やはり最も深層にあり、筋肉の滑走と強く関与、そして深い筋膜ネットワークなので強い癒着、身体の多部位に影響を与えます。
その「筋外膜」の硬さとは??


「筋外膜」は多重層のある疎性結合組織で、ヒアルロン酸をその層の間や細胞間に含んでいます。硬さの原因は、そのヒアルロン酸が凝集化し、基質のゲル化することによって、筋膜の高密度化が生じてしまった状態です。そのため、解消するためには、

圧 + 摩擦(温度) + 時間 

が必要となります。


そのため、巷で売られているローラーなどよりかは、自分の手で押せれば温熱効果があるので良いかと思います。

もしくは、お風呂などで身体の温度があったまった状態で筋膜に対してアプローチしていくか。

運動後は深部体温が上がっていますが、ヒアルロン酸量も増えているので、微妙なところですかね。


筋膜に対する治療はかなり有効だと思います。

しかし、筋肉のバランスが非常に大切なので、やらないほうがいい場所というのも存在します。
本質的に硬くなっている部分ではなく、引っ張られるのを逆に支えるために引っ張って硬くなっている部分、要はバランスをとっている筋肉です。硬いからとそこの筋膜だけを緩めて、本質的に硬い部分をそのままにすると、「いい代償」を解除してしまうことになるので、逆に痛みが強くなってしまうので注意が必要です。

筋膜筋膜って言いますが

ちょっと前から、「筋膜」ってかなり聞くようになりました。
しかし一概に「筋膜」と言っても、いろいろな概念があるようです。
特に間違った情報などもあるので、正確な情報をまとめておきたいと思います。


「筋膜」

その名の通り、「筋の膜」と言うわけではありません。
「筋膜」を分けると

  • 浅筋膜
  • 深筋膜

に分けられます。


「浅筋膜」とは、真皮の下にある脂肪層を2つに分けるものです。役割として、

  • 深部の層に対する皮膚の可動性
  • 表在の血管と神経の保護
  • 外受容受容器と固有受容器の分離

が主に考えられています。

そのため、この「浅筋膜」とは筋肉を覆っているわけではなく、脂肪層を貫いています。


では「深筋膜」はどういったものでしょうか?

深筋膜は

  • 筋膜腱膜
  • 筋外膜

に分けられます
*筋膜腱膜=深筋膜、筋外膜と分ける考え方もあります。

ここで気がついたと思いますが、直接的に筋肉を覆っている膜というのは「筋外膜」ということになります。
*「外膜」なので「周膜」「内膜」というのもそれより深層にあります。

よく言われるイメージですと、筋組織をラップで包んだものが「筋内膜」それがいくつか集まって「筋周膜」、またまたいくつか集まって「筋外膜」を形成します。それらが集まって「筋膜腱膜」を形成していくと言ったところでしょうか?


巷に溢れている「筋膜リリース」「筋膜調整」とは、一般的には「筋外膜」に対してのアプローチのように感じます。ローラーのようなものや、指圧するようなもので、ゴリゴリって感じですよね?
よく、「Tシャツモデル」と呼ばれるような絵で筋膜の説明がされます。
「シャツの左の下にほつれや硬さが生じると、右の上まで動きが悪くなる」って感じですね。考え方自体は間違っていません。

しかし、ゴリゴリするやり方、場所を間違ってしまうと、効果がないばかりか身体を痛めてしまう可能性があるので気をつける必要があります。

筋膜の機能

さて、筋膜は可逆性があり、全力で衝撃吸収をしてくれます。
しかし、それには限度もあります。

イメージでわかりやすいのが、スーパーやコンビニの袋です。
引っ張るとビヨーと伸びます。(筋膜だとここまでだと元に戻ります。)
しかし、強く勢いよく引っ張ると切れてしまいます。
さしもの筋膜も切れてしまうと損傷してしまいます。
そうなる前にリリースし、リセットしたいものです。


その筋膜が牽引刺激(引っ張られるような刺激)を感じ、または、圧縮刺激(潰されるような刺激)を感じ、全身に伝わるのはなんと神経系の3倍の早さと言います。
また、「遅い知覚」にも作用し、持続的な刺激に対して、はるかに遅いスピード、数日からなんと数年かけて全身に広がっていくということもあるようです。

膝の怪我をしてから数年経ってから、足首が痛くなる、場合によっては反対側の肩が上がらなくなるなどが生じます。
まぁこのような現象は、筋膜のせいなのか?怪我後に代償的に足首を使いすぎたり、姿勢が悪くなったりするせいでもありますが・・・・。
しかし、肩の痛みに対して膝を治療してよくなるのであれば、膝の影響で肩が上がらなかったと言ってもいいと思います。


このように、全身的に筋膜が影響している、筋膜によりバランスを取っているという構造を「テンセグリティ構造」と言います。
テンセグリティというと、以前書いた「ロルフィング」の人たちがベースにしている考え方です。

実際に、対面して治療していると、全身のネットワークというものを強く感じるようになります。また、それを感じれる人・感じれない人がいますが、感じれる人の方が治療効果も高く、今後の再発のリスクも低くなります。


「自分の身体のこと」を知ることは、

身体の使い方を学ぶことだけでなく、

現在の自分の身体の状況を感じ、組織の損傷を未然に防いだり、

心−身体のバランスをとることも可能にします。

「自分の身体を知るための授業」

が、小中学校から「教科」として教育されていけば、
医療費の削減だけでなく、スポーツ分野での活躍も期待できるようになると思うのですが・・・

筋膜って??

最近なにかと話題の筋膜
ですが、かなり昔から治療家の間では治療ターゲットとされていました。

特に、「ロルフィング」という主義ではず〜〜〜〜〜っと

「筋膜を整えます」
「筋膜の歪み・硬結が多部位に影響を与えています」

と言っていたのですが、「ロルフィング」・・・知っている人は少ない・・・
コマーシャル下手なのか、わざとそれほどアピールしないのか・・・


まぁそれはそれとして、
「筋膜」というと色々な説明がされますが、
広義では

「結合組織全体を含むネットワーク」のことを言います。私もこの考えです。

人間には4つの細胞に分化されます

  • 上皮細胞
  • 結合組織細胞
  • 筋細胞
  • 神経細胞

それぞれが機能特化しており、結合組織細胞は

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • レクリチン(未熟なコラーゲン)

そして

  • 細胞外マトリックス

となります。

わかりづらいのを承知で

上記のようなネットワーク(マトリックス)により、「人間」という形を型どります。その中で、無機塩・炭酸カルシウム・リン酸カルシウムで「骨」を型どります。(ここまでは結合組織によるもの)

その上に、筋細胞や上皮細胞・神経細胞を設置していくイメージです。

あくまでベースは結合組織細胞・細胞外マトリックスというわけです。


ちなみに、細胞外マトリックスは、プロテオグリカンで構成されており、

「運動と重力のストレスを分配している」

これかなり重要です。特に治療家にとっては!

身体にかかる負担をどこで支えるか?の考えが違えば治療方針も変わってきますから。


それはそれとして、

これらの理由からも「筋膜をリリースしましょう」とはかなり有用なアプローチです。
適切に、適宜筋膜の負荷を減らしていければ、「運動と重力のストレスを分配している」ものをリセットできることになります。

するとその先の骨や靭帯(結合組織でもあるが)、靭帯への負荷が減少します。
細胞外マトリックスは「可逆的」なので、負担がかかったら取ればいいい。

しかし、骨は一旦変形してしまうと「不可逆的」なので、修正はできなくなります。


適切に、適宜、筋膜リリースを行うようにしましょう。