痛みが拡がっていく

「痛みが拡がる」
初めは、肘が痛かったのに、肩や手首・・・そして反対側の肘まで痛くなってきた・・・気がつくと足も痛い気がする・・・

あまり経験することではありません。
もちろん、炎症が飛び火しているわけでもありません。
こんなことがあるのでしょうか?


外傷や手術の後に、その程度や治癒過程から説明できない、もしくは釣り合わない神経の支配域とは無関係な疼痛が現れることがあります。
それを「CRPS(複合性局所疼痛症候群)」と言います。
CRPSの症状は様々です。
灼熱痛、感覚過敏・感覚低下、皮膚の色の変化(発赤、チアノーゼなど)、発汗異常(過剰、過少)、皮膚温度の異常(温度の上昇、低下)、皮膚の浮腫み・萎縮・色素沈着、骨の萎縮、筋肉の萎縮など、全く逆の症状も生じます。慢性化すると関節拘縮をきたしなかなか治りづらくなってしまいます。


CRPS の臨床的診断基準(2005年、国際疼痛学会)

1:きっかけとなった事故や怪我などのイベントに不釣り合いな持続性の疼痛

2:以下の4項目のうち3項目に少なくとも1つの症状があること

・感覚異常:感覚過敏、触れた程度での異常な痛み

・血管運動異常:皮膚温の左右差、皮膚色の変化、皮膚色の左右差

・ 発汗異常/浮腫:浮腫、発汗の変化、発汗の左右差

・運動異常・萎縮:可動域の低下、運動障害(筋力減少、振戦、ジストニア)、萎縮性変化(毛、爪、皮膚)

3:評価時に以下の2つ以上の項目に少なくとも1つの徴候があること

感覚異常:疼痛過敏(針で刺すことに対して)、感覚異常(軽い接触、温冷刺激、体部の圧刺激、関節運動に対して)

血管運動異常:皮膚温の左右差(1℃超)、皮膚色の変化、皮膚色の左右差

発汗異常/浮腫:浮腫、発汗の変化、発汗の左右差

運動異常・萎縮:可動域の低下、運動障害(筋力減少、振戦、ジストニア)、萎縮性変化(毛、爪、皮膚)

 

上記の症状と徴候をよりよく説明する他の診断がないこと。
(感度85%、特異度69%)


治療法が確立されているわけではありません。が、

脳の身体図式(脳の中にある身体の地図)と実際の身体との乖離

感覚と運動の乖離

が問題と言われています。
どういうことかというと、

身体図式と実際の乖離
頭の中にある、手はここにあって、これぐらいの大きさで・・・という情報と実際の位置や大きさが異なることで、痛みとして生じる

感覚と運動の乖離
身体図式の乖離と同様なのですが、例えば肘を伸ばしていると頭が考えていても、実際に肘を見ると曲がってきているなど


感じているものと生じているものの乖離を修正する必要があるようです。

感覚統合だとか、感覚運動トレーニングを利用し、焦らずに内省しながら治療していきましょう。

痛み止めとしての抗うつ薬

ステロイド系、非ステロイド系の痛み止めとは別に、
「抗うつ薬」が痛み止めとして処方されることがあります。

抗うつ薬には、三環系・四環系抗うつ薬、選択肢的セロトニン再取り込み阻害剤SSRI)、選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害剤SNRI)などがあります。それらは、「うつ症状」を治すためというよりも、セロトニンやノルアドレナリンの量を高い状態にするという目的で処方されます。

では、セロトニンの量が多いと、なぜ痛みが楽になるのでしょうか?


一般的に、セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、
「ドパミン」:喜びや快楽を司る
「ノルアドレナリン」:恐怖や興奮を司る

をコントロールして、気持ちを安定させるものとして知られています。また、

1:ストレスへの耐性
2:体内時計の調整
3:原因不明の体調不良をなくす
4:記憶や学習をサポート
5:アンチエイジング

の作用があると言われています。
その中の「3」に対しての反応が痛みを抑制すると言われています。
何らかの原因でセロトニンの分泌に異常が出ると、脳内の血管が収縮・拡張して、偏頭痛を生じさせたり、痛みを生じさせたりすることがわかっています。


セロトニンは、腸内におよそ90%が集中していて、腸の蠕動運動などに関与しています。
一方、脳内にあるセロトニンは全体のうちのわずか2%程度しかありません。しかし、脳内のセロトニンが人の精神の安定や、ストレス解消、睡眠、食欲、性欲、記憶、学習など、驚くほど様々な機能に関与しているのです。

脳内のセロトニンはそれだけ特別な物質であり、脳内のセロトニンが減少やセロトニンの合成材料が不足することは、健康に大きな影響を及ぼすであろうことは想像に難くないところです。

しかしセロトニンは口から食べても脳へと届かないので、脳でセロトニンを合成するにはセロトニンの材料となる物質を摂取して、それを脳へと運ぶ必要があるのです。


セロトニンは
トリプトファン→5-HTP→セロトニン
という順番で合成されます。

ということは、

トリプトファンを増やす or 5-HTPを増やせばいいわけです。

トリプトファンは食品のたんぱく質に含まれる物質(アミノ酸)で、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆などの豆類や白米などの穀類、肉類などの食卓でもお馴染みの食品にも含まれています。

5-HTPの量は食品中にはほんの僅かしか無く、食品から5-HTPを摂取をしてセロトニンを増やそうとしてもその効果は余り期待できません。


注意点

「セロトニン症候群」

セロトニン症候群になると、体内の3つの神経系に影響が出てきます。

自律神経系:高血圧、心拍数の増加、冷や汗、体温の上昇、吐き気などが起こります。これといって特別な理由がないのに緊張している感覚があります。

神経・筋肉系:手や膝の震え、歯がガチガチなる、筋肉が硬直する、自分の意思とは無関係に体が動いてしまう、といった症状が見られます。

精神系:セロトニン症候群では混乱、錯乱、興奮、頭痛などが現れることがあります。考えがまとまらない、集中力がない、映画の意味が理解できない、などといった症状が現れたなら、セロトニン症候群かもしれません。