腹筋の付け方

「腹筋」と言っても、いろいろあります。
有名なのは「腹直筋」でsixpackと呼ばれる目立つ筋肉です。
それより深層に行くと、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋と層になっています。

腹筋は「3層構造」になっています。運動によって、つく筋肉が若干異なってきます。

以前はsit-upと呼ばれる腹筋が主流でした。
膝を立てて寝て、体を起こす!ってやつですね。

現在は、サッカーの長友選手で有名になった「体幹トレーニング・コアトレーニング」と呼ばれる運動が多くなってきています。


運動によってつく筋肉が異なると書きましたが、深層の筋肉がしっかり働いて、脊柱・白線・腹横筋・骨盤底筋のインナーユニットを安定させてこその浅層筋の働きです。そのインナーユニットがしっかり働くためには、「生理的な前弯」が保たれている必要があると言われています。


そのため、まずはインナーユニットである深層筋を鍛えることが重要となります。ではどんな方法が良いでしょうか?

ポイントは

1:腰椎の生理的前弯が保たれている

2:四肢の動きを止める作用をしている

ということです。

つまり、「体幹がしっかりしている」ということは、
「外力や、四肢の運動による体軸内の動揺を腰部の生理的前弯を保った状態でいられること」ということです。
サッカーだとわかりやすいのですが、体を当てられても、どんな姿勢でシュートを打とうとしても「軸がしっかりしている」という状態です。

ということは、トレーニングで意識すべきことは、
「体幹を安定させた状態(動かないようにした状態〕で四肢に動きや抵抗運動を加える」ということです。
そのため、一番簡単な運動として、四つ這いでの上下肢挙上という運動が出てくるというわけです。

これはごく基礎的な考え方で応用は無数にあります。

*また、「腰部を動かないように固定する」というのも基礎的で、その後、「柔軟に安定しながら動く」という段階に移行して行く必要があります。

その辺はまた後日お伝えします

腰の痛みと股関節の関係性

「腰が痛い」・・・よく聞きますよね?

みなさんの周りにも、「腰痛」を持っている方は結構いると思います。

常に痛みがあるわけでなくても、時々腰痛が出るって方はかなり多いと思います。


腰痛の治療は、

腰の治療

周囲関節、特に股関節の治療

身体の使い方の治療の3つに分けられると思います。


まず「腰の治療」ですが、

腰椎は生理的な前弯位に保持できているのがいい状態です。

特に「反りすぎ」な人が問題となることがおおいのですが、

「生理的な前弯をそのまま潰された形」で問題になる人もかなり多いです。

どういうことかというと、

腰部の彎曲が、重力に負けてグイッと潰されてしまっている状態。ということです。

歳をとるとどうしても椎間板の厚さが現象し、機械的に支える機能が低下するために重力に負けやすいのですが、重力に負けると何が悪いのでしょうか?


身体は軟部組織・靭帯で関節間を支えています。

潰れるということは、脊柱・椎体間にある靭帯が緩むため、過剰活動性となり安くなってしまいます。


脊柱に負担をかけないようにするには、

 

1:脊柱の可動性

生理的な前弯姿勢で脊柱が潰れていない状態までの可動域があるかどうか?

2:脊柱の安定性

(インナーユニットを中心とした体幹深部筋がコルセットのように脊柱をおしあげる」

3:過剰運動性がない状態

歩行など、四肢の運動と脊柱の安定性を必要とする場面で、体幹部は安定し、できる限り四肢だけで運動ができている状態

 

を意識してコントロールできれば良いかと思います

呼吸と内臓と運動と

呼吸をすると、

横隔膜・肋骨が動かされます。

そして、体幹のインナーユニットが活動します。

体幹部がインナーユニットによる、

圧力コントロールにより活性化されるとどうなるでしょう?

内臓が活性化」されます。

 

内臓は不随意筋によりコントロールされているので、意識してコントロールすることはできません。

しかし、体幹のインナーユニットは随意筋なので意識的にコントロールできます。

 

あまり運動してないな〜〜〜って時に運動をすると快便になる。

など経験したことありませんか?

 

私は資料作りなどで運動がなかなかできない状態が続き、

やっと運動ができる〜〜と思って、ランニングしたところ

びっくりするくらい出たことがあります・・・食事中の方すいません・・・

 

外部から刺激を加えることで内臓機能が高まり、

さらに循環も改善されます。

 

やっぱり運動って大事なんですね。