「がん」とは

現在、日本人の死因の第一位となっているのは「がん」です。
2013年度の統計ですが、年間364,872人死亡しており、全体のなんと28.8%と1/4以上もの割合となっています。
しかも、医療技術の発達により、その中でも「治癒」している人も多くなってきておりますので、かなりの人が「がん」にかかると言っていいでしょう。

なんとなく、」高齢になればなるほどがんにかかりやすいというイメージがあるかと思いますが、その通りです。
女性はなだらかにがんの発症率が上昇していきますが、男性は60代以降から急激に増えます。しかし、前述したように治療技術が向上していますので、現在では10年生存率は58.2%となっています。


「がん」というものは難しく、
「研究すればするほど、わからないことが増えるもの」と言われています。*立花隆 日本がん治療学会招請講演(2009)


「がん」は徐々に進行していく病気として知られています。
「国立がん研究センター」では

*国立がん研究センターのホームページより抜粋

と紹介しており、
「転移・浸潤」まで行ってしまうと、延命はできるが、治癒は難しいという状態となってしまいます。

では、なぜ「がん」で死亡してしまうのでしょうか?


「がん」にまつわる死亡は、治療中によるものとして

  • 外科手術による死亡
  • 放射線療法の有害事象による死亡
  • 抗がん剤治療の有害事象による死亡
  • 二次性の障害(代表例は廃用症候群)による死亡

などが上げられます。これらは治療による死亡です。
「がん」そのものの影響によるものは、

「消耗死」
:がん細胞はエネルギー消費が大きく、筋肉内のATPを大量に消費します。そのため、正常細胞に必要なエネルギーが足りなくなります

「重要臓器の機能低下による死亡」
:がん細胞が正常細胞に取って代わるため

「麻痺・阻血・窒息」
:腫瘍により神経・血管・気管などを押しつぶし、交通を遮断するため

「失血死」
:腫瘍の崩壊による大出血(腫瘍は栄養血管が多いが、構造的に弱い

「感染症による死亡」
:がん細胞から産生されるサイトカインの働きでの免疫力低下

これらのような「実際の死亡・身体的死亡」だけでなく、

心理的死亡:絶望・意気消沈

社会的死亡:関係性の喪失・見捨てられた感

スピリチュアルな死亡:生きがいの喪失・生きる意味のなさ

など、「死んだように生きている状態」となってしまうこともあります。


まずは「がん」というものをしっかり知った上で、
今後のことを考えるということが重要です。

次にがんによる症状と痛み、治療法について書いていきます