子供の怪我の原因・リスクとは?

子供の多くは怪我をするものです。特にスポーツをやっている人は・・・

最近では「成長痛」だからしょうがない・・・という言われ方をしなくなり、だいぶ骨端線障害や骨軟骨障害についての知識も広まってきていると思います。

しかし、青少年の障害の多く(30~50%)はスポーツの参加よるオーバーユースだと言われています。(ちなみに障害に最も多いのは交通事故)


【青少年の特徴】

思春期であると、骨の成長に対し、対応する神経-筋の十分な適応が伴わないことが多く、そのアンバランスがスポーツ活動中の異常なメカニクスを生じさせる可能性が高いと言われています。骨端線障害などのかつて成長痛と呼ばれていた障害からもわかるように、

「骨の成長>>>筋の成長>>神経の成長」

となります。

神経-筋コントロールとなると、感覚運動系による求心性神経が適切に機能していることに大きく依存するため、成長途中の青少年にはどうしても苦手となってしまいます。

では、障害リスク因子としてはどういったものがあるのでしょうか?


【青少年における神経筋の傷害リスク因子】

スポーツ活動中は、様々な情報を取り入れながら、自分の身体を活動させる必要があります。さらに、コンタクトスポーツであると、予期していない外力に対しても反応しなくてはならなくなるため、さらに上手に身体をコントロールするということはさらに困難となります。たくさんありますが、リスク因子としては、

  • 筋疲労
  • 筋の活性化のタイミングと大きさの変化
  • 足関節周囲筋の反応時間の遅れ
  • 膝周囲筋の前後・左右の活性化のアンバランス
  • 主働筋と拮抗筋の同時活性化の減少
  • 臀筋の活性低下
  • 体幹の安定性と筋の活性化の不足
  • 筋力不足
  • 左右方向における膝のコントロール性不良
  • 下肢の神経筋の左右差によるアンバランス
  • 不十分な筋の硬さ
  • 姿勢安定性の不足
  • 固有感覚の変化
  • フォードフォワードメカニズム

などなど・・・数々の要因があり、それらがさらに関連しあって、訳が分からなくなっています・・・


ちょっと長くなってしまったので、次回にそれぞれについて簡単に説明させていただきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA