関節リウマチに対するストレングス&コンディショニング

【リウマチとは】

関節リウマチは間接法の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患と説明されます。

ただの炎症?

と思うかもしれませんが、この炎症が関節周辺の組織全体へと広がり、骨や軟骨のびらんや破壊をもたらすことが知られています。
それにより、リウマチといえばの「関節変形」が生じてきます。

なんと、アメリカ人のリウマチの罹患者数は130万人にも及び、その数は年々増加しているということです。


【病因】

実は原因はまだ解明されていません。しかし、現在の理論では発症の引き金となるいくつかの事象は指摘されています。遺伝的に影響されやすい素因の人が感染症にかかると、関節を攻撃する免疫反応が起こります。この反応により直接的または間接的に患部の関節包、骨及び結合組織が破壊されるようです。

正常な関節

▶︎滑膜炎(滑膜の炎症・肥厚) 骨と軟骨への侵食

▶︎パンヌス形成(滑膜繊毛上皮) 軟骨の破壊が進み、骨が露出し凹凸となる

▶︎繊維性強直 繊維性結合組織が関節内へ侵食してくる

▶︎︎︎骨性強直 繊維性結合組織が骨化し、関節でなくなる

という進行段階があります


【エクササイズの種類】

関節リウマチ患者の特徴として、

・有酸素性能力が低く、身体活動を避ける傾向がある

・うつ傾向

が挙げられます。それらを考慮した運動が必要となります。

○水中トレーニング

温水環境であれば、関節負荷の軽減に役立ち、関節に対する荷重負荷も軽減される。特に地上で荷重負荷が過剰となってしまうと、関節損傷を悪化させてしまう危険性があるため、水中トレーニングは有効である。

○レジスタンストレーニング

低強度〜中強度のレジスタンストレーニングは関節リウマチにとって有益であるという研究結果が多数報告されている。しかし、関節の不安定性と関節可動域の不足は障害の危険性を高めるため、コントロールが不十分となってしまう動作や衝撃の強い運動は避けるようにする必要がある

○ストレッチングと筋膜リリース

関節周囲の軟部組織の正常化・循環改善は非常に重要となる。筋膜・筋の痛みと緊張を軽減しながら関節の動きの正常化を図ることができる。


【栄養面の注意点】

リウマチ患者は、慢性的な炎症症状のため、リウマチ性の悪液質、筋力の低下を生じる。そのため、適切に栄養を摂取する必要がある。

また、慢性炎症に対しての栄養摂取も心がける必要がある。特に抗炎症作用の強いオメガ3脂肪酸の摂取が有効であるという研究が示されている。
オメガ3脂肪酸は、青魚・くるみ・えごま油・亜麻仁油・緑黄色野菜・豆類に含まれている。


リウマチは慢性炎症性疾患であり、血流性・関節性の問題であるため、全体とそれぞれに対し、進行を遅らせる・止めることを目標に管理をしていくことが重要である。