プールコンディショニング・アクアコンディショニング

「水は健康の源である」

水を利用した身体機能の改善や疲労回復のアプローチは古くから用いられ、今ではそれを「アクアコンディショニング」として利用されています。水中では

・浮力

・水の粘性抵抗

・水圧

・水温

などが身体への生理的反応をもたらし、陸上では得られない多様な身体機能への効果をもたらしてくれます。


【水がもたらす生理的反応】

○浮力

・山本利春:アクアコンディショニングの有効性 トレーニング科学, Vol.19, No.3, 2007

記載されているように、水深が深くなればなるほど、体重が軽減されていきます。関節や筋に問題を抱える人(選手や高齢者)にとっては、軽い体重負荷で運動ができる絶好の機会を作ることができます。ただし、注意点として、プールから出るときは、脳がその体重負荷に慣れてしまっているので、気をつけましょう。身体の準備ができず、筋肉の反応が遅れて負担が強くかかってしまいます。

○粘性抵抗

「プールの中は歩きづらい」ですよね?体重が軽減されていることもありますが、水の粘性抵抗がかかるので、動きづらくなります。さらに、抵抗は速さと抵抗面積に比例するので、大きな面を早く動かすとかなり大きな粘性抵抗がかかってトレーニングになります。よく高齢者が「水中ウォーキング」をしますが、筋トレにもなって、ひざへ優しいいい運動になります。
また、私がお勧めするのは「ジャンプ」の練習です。陸上でのジャンプでは、重力加速度が生じ、関節や筋へは着地衝撃が生じます。水中では粘性抵抗と浮力によって、着地時の衝撃がほとんどかかりません。身体全身を重力に抗して働かせるいい運動になります。

○水圧

・山本利春:アクアコンディショニングの有効性 トレーニング科学, Vol.19, No.3, 2007

下(足の方)に行くほど水圧が高くなります。つまり、陸上とは逆に、下肢末梢の血流が水圧の小さい心臓の方へ還流しやすくなります。この静脈還流の促進はかなり有効で、疲労物質の多く含まれる静脈血がより早く心臓へ戻され、疲労回復効果があります。ですので、陸上でのトレーニング後にアイシングを兼ねてのプールウォーキングは筋疲労だけでなく、血流改善による疲労回復も期待できるということです。

○水温と熱伝導

水の熱伝導率は空気の約23倍なので、全身を冷やして筋の過剰な炎症を抑えたいときや、温めてリラックスさせたい場合などに有効です。また、交代浴(お湯と水に交互に入る)により、血管の収縮と弛緩を促しての血流改善も可能です。


【アクアトレーニングのススメ】

このように、アクアトレーニングには色々ないい点があります。また、重力をかなり軽減させ、無重力に近い状態で運動できることもあり、リラックスした状態で、関節の可動域(特に肩甲骨)を目一杯使っての自動運動が可能になります。伸ばした手にも浮力がかかるので、動かす方向に抵抗がかかるだけで無駄な力が入らずに動かせるというわけです。

現在、クライアントを水中でコンディショニングしたことはありませんが、ひょっとしたらかなり有効かもしれません。ただ、私自身が上手に動けなく、サポートが難しくなる可能性は非常に高いと思いますが・・・
しかし、一人でやるトレーニングとしてはリスクも少なくかなり有効でしょう。

 

常に痛い、どうする

最近、「慢性疼痛」にどう対応するべきか?ということが話題になっています。

「痛みの定義」は

「実際に何かの組織損傷が起こった時、あるいは組織損傷が起こりそうな時、あるいはそのような損傷の際に表現されるような「不快な痛覚体験」及び「情動体験」である。」

となっており、器質的な問題だけでなく、心理的な問題も含む病態として扱っています。実際に、器質的な問題がない人も「痛み」を感じている人が多くいます。


【痛みの種類】

・急性痛(侵害受容性疼痛)

・神経障害性疼痛

・混合性疼痛

・心因性疼痛

があります。慢性疼痛というと、これらの「痛み」が3ヶ月以上続いている状態と広義では解釈されています。

今回は、「概論」として大きくお話をしていきます。


さて、常に痛い状態、慢性疼痛状態はどうなっているかというと、単純な器質的な問題だけではありませんでした。そのため、

*biopychosocial model   engel 1989

上記で表すように、

・生物学的要因

・心理的要因

・社会的要因

がそれぞれ関連しあって、health健康に問題が生じ、慢性痛になっていると考えられています。こららの要因が複雑に絡み合っているため、慢性疼痛からの脱却は難しいとされています。


国際疼痛学会で既に

「生物学的因子と一緒に、心理学的及び社会的因子を含んだ治療を行う」というモデルを推奨しており、

厚生労働省の「慢性の痛み対策研究事業」の指定研究でも、全国11大学病院を拠点に、慢性痛の治療に対して、診療科を横断した学際的な痛みセンターを構築することが求められています。


【治療の戦略】

実際に、慢性疼痛の方を診させていただくと、「筋骨格系の問題」を生じていることがほとんどです。そして、そこからアプローチしていくことが一般的にはスムーズではないでしょうか?

筋骨格系の痛みを解消することで、慢性疼痛の方の「痛みに対する歪んだ認知」を変容することができます。

「あっ、痛みが減りました」

「この動きが痛くなくなりました」

「こうしていると痛くないです」

などの反応が出てくると、心理的要因に対しても治療が進んできているということになります。

そこで運動を習慣化していくと、慢性的な炎症も解消されていきます
http://beinform.org/category/慢性炎症/


なかなか筋骨格系の問題が解消されず、慢性痛に悩んでいる方がいらっしゃったら、まずは動いてみることです。

実際に、慢性痛の一番の問題点としてQOLの低下が挙げられます。QOLとはquality of life の略で、生活の質のことです。そこを低下させてしまうと、どんどん悪循環に陥ってしまいます。

痛いから動かない▶︎動かないから動けない

ではなく、

痛いけど動いてみる
▶︎慢性炎症が軽減される
▶︎動けるというポジティブな意識が出てくる
▶︎心因的な要因・社会的要因から生物学的な要因へのいいフローが起こる

という影響が生じます。

心理学的にも、「行動を起こすことは難しいですが、動いてしまうとそうでもない」ということがあります。
勉強にしても、掃除にしても、ジョギングにしてもそうですよね。

まずはアクションを起こしましょう。

そして、生物学的、社会的、心理的な要因それぞれの悪循環を絶ちましょう