高地トレーニング

空気の薄い「高地」でのトレーニングはさまざまなスポーツで取り入れられています。
特に持久系スポーツでは必ずと言っていいほど取り入れられており、マラソンで金メダルを取った、「高橋尚子選手」「野口みずき選手」がやってきたことは有名です。


高地トレーニングの目的は、
「低酸素の環境」で「トレーニングによる低酸素刺激を加えること」で
最大酸素摂取量を増加させよう!!というものです。


高地では、酸素分圧が低くなるので、体内への酸素の取り込みが減少します。身体はそれに適応しようと、(少ない酸素の取り込みでも酸素をしっかり各臓器に送り込めるようにと)エリスロポエチンという骨髄における赤血球生産を促進するホルモンを増加させます。それにより、赤血球やヘモグロビン、血液量を増やして、最大酸素摂取量が増加するというわけです。

これ自体、低地に戻ってきたら意味がないなど言われておりますが、さまざまな角度からの研究結果によって、効果があると判断されています。短期間(3泊4日)での効果があったという研究も報告されています。

しかし!

低地に降りてきたときに、ヘモグロビンやヘマトクリット値が高い値を維持している。という決定的なデータはありません。

*探せなかっただけかもしれませんが・・・


身体は、体感したことがある苦しみには耐えられるようになっています。(肉体的にも精神的にも)。また、心理的にも「高地まで行ってトレーニングしてきたんだ!」という効果もあると思います。

そう言った意味で、生理学上は意味がない可能性もあると思いますが、

「酸素摂取・運搬が難しくなるトレーニングをした体験」

「高地でトレーニングをしたという自信」

がパフォーマンスの向上に一役買っているのではないかと思います。


スポーツは自分のパフォーマンスを最大限出すことが最良の結果を出す秘訣です。自分のパフォーマンスを最大限出すためには、自分の現在の調子ややってきたことを信じる必要があると思います。

「高地トレーニング」はそこにかなりの影響を与えているのではないかな〜と思います。

デワデワ