スポーツビジョン

スポーツと視力の関係は、昔から「動体視力」がよく言われています。
特に野球でのイメージが強いですが、野球に限らず、外的環境が常に変化し、それに対応した動きが必要になるスポーツ全体でかなり重要となります。

野球では、相手ピッチャーの動作、ボールの動きに対応するための「目の良さ」が重要となります。「選球眼」という言葉がありますが、きたボールのコース・スピード・球種を素早く判断し、選球することができれば、「有利なカウント」を作ることができ、駆け引きを有利に進めることができます。

一方、サッカーのような運動では、相手の動きに素早く目を動かす「眼球運動」、ルックアップして見方や相手を素早く捉える「視野」、とっさに判断する「瞬間視」などが重要となります。周りの状況を目で捉えて、認識するという能力は、そこからの判断⇨動作のスピードに関与しますので、相手より一瞬でも早く動き出す必要があるサッカーのようなスポーツでは非常に重要となります。


トレーニングとしては、

  • 基礎的トレーニング
  • 個別的トレーニング

があります

「基礎的トレーニング」とは、スポーツの種類に限らず、視覚からの情報を素早く入手するためのトレーニングです。
具体的には、「眼球運動」のトレーニングになります。
イメージとしては一時期流行った「速読」のトレーニングに似ています。
見る場所を決めておいて、素早く「眼球運動だけ」でそれを見ていくという運動です。一人で行う場合は、両手を伸ばし、親指を立てて、それらを交互にしっかり捉えていく運動をすると良いでしょう。ポイントとしては、「見るときにしっかり止まって見る」ということでしょう。「ピタッと」意識することを忘れずに。

「個別的トレーニング」とは、スポーツの種類によって異なります。

野球では、ボールに数字を書いて、それを読み取るなどと昔からやられているような運動が効果的でしょう。
サッカーでは、「周辺視野」や「視覚からの情報を捉えてからの判断の速さ」が重要となるので、

・練習中に相手が手で出したサイン(指の本数)などを答えてからパスを出す
・キックターゲットのようにゴールを分け、トラップした瞬間に光った場所へゴールする
・目を瞑っていて、開いた瞬間にプレーを開始する

などの運動がパフォーマンスに直結すると思います。


野球やサッカーだけでなく、どんなスポーツでも視覚からの情報を入れる速度、そこからの判断速度、視覚からの情報を入れるための眼球運動、視野というのは非常に重要となります。それが直接パフォーマンスに直結するので、練習でも取り入れて見ると良いでしょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA