リハビリって効果あるの?

私はリハビリやコンディショニングに従事していますので、周りの人はリハビリの効果というものを実感し、理解している人が多いです。しかし、まだまだ「リハビリって効果あるの?」「痛いんでしょ?」という理解の人が多いと感じます。

では、リハビリの効果ってなんなのでしょうか?
効果としては

「直接的」

「間接的」

なものがあると思います。


「直接的」

骨折や靭帯損傷(捻挫)などを「直接」魔法を使って治すわけではありませんが、「人間の自然治癒」を阻害する因子を除去していく作業と促していく作業になります。例えば、骨折ですといい位置に整復され、そこで固定していたいとします。それがズレないように筋膜・骨膜への刺激を加えたり、周囲循環を改善させたり、適切な方向への圧刺激を加え、骨折の癒合を促進したりします。靭帯損傷でも同様で、捻ってしまった方向と同じ刺激が加わると、少しずつ周囲組織とくっついてきている靭帯を再度損傷させてしまうので、その方向への刺激がかからないようにテーピングで固定したり、誘導したり、防御反応のための神経–筋活動を促したりします。


「間接的」

上記と同様の例でいくと、骨折部・靭帯損傷部に負担がかからないように、周囲間接や他の部位で代償的にカバーできるように身体動作を作ったり、全身の循環を良くして治癒力を高めたりします。

しかし、間接的で一番効果があるのは、「現在痛みがある部位以外へのアプローチ」です。相当な急性外傷でない限り、痛みが生じる原因はそれ以前の身体の使い方にあります。そのため、そこへ負担がかかる癖や負担がかかってしまうようになっている身体自体を修正すると痛みがなくなるというわけです。よく「Tシャツ」で例えられますが、シャツの左下を下へ引っ張ると、右肩が上がりづらくなりますよね?その状態で右肩を上げ続けると、右肩を痛めてしまいます。

そりゃ上げづらい状態で無理して上げていますから・・・

その場合、肩の治療をしてもすぐ痛くなってしまうのはイメージつくと思います。左下を引っ張っているものをなんとかしないと・・・

それが間接的な効果です。


この仕事をしていると、普段の身体のケアってすごい大事なんだなと思います。身体の声を聞いて、身体のことを知ることが今後の予防になってきます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA