筋膜アプローチ

では、どの筋膜にアプローチしていくか?

まずは「筋外膜」が良いかと思います。
やはり最も深層にあり、筋肉の滑走と強く関与、そして深い筋膜ネットワークなので強い癒着、身体の多部位に影響を与えます。
その「筋外膜」の硬さとは??


「筋外膜」は多重層のある疎性結合組織で、ヒアルロン酸をその層の間や細胞間に含んでいます。硬さの原因は、そのヒアルロン酸が凝集化し、基質のゲル化することによって、筋膜の高密度化が生じてしまった状態です。そのため、解消するためには、

圧 + 摩擦(温度) + 時間 

が必要となります。


そのため、巷で売られているローラーなどよりかは、自分の手で押せれば温熱効果があるので良いかと思います。

もしくは、お風呂などで身体の温度があったまった状態で筋膜に対してアプローチしていくか。

運動後は深部体温が上がっていますが、ヒアルロン酸量も増えているので、微妙なところですかね。


筋膜に対する治療はかなり有効だと思います。

しかし、筋肉のバランスが非常に大切なので、やらないほうがいい場所というのも存在します。
本質的に硬くなっている部分ではなく、引っ張られるのを逆に支えるために引っ張って硬くなっている部分、要はバランスをとっている筋肉です。硬いからとそこの筋膜だけを緩めて、本質的に硬い部分をそのままにすると、「いい代償」を解除してしまうことになるので、逆に痛みが強くなってしまうので注意が必要です。