腸内細菌を育てる

腸内細菌というと

・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

の3種類があります。

善玉菌は、ビフィズス菌や乳酸菌で有名ですね。
作用として
ビタミンの合成・消化吸収の補助・感染防御・免疫刺激の作用があり、
「老化防止」「健康維持」を手助けしてくれます。

悪玉菌は、大腸菌やブドウ球菌、ウェルシュ菌が有名で、
腸内腐敗・細菌毒素の産生・発がん性物質の産生などの作用があり、
「健康阻害」「病気の引き金を引く」などの悪い作用を生じさせます。

日和見菌は、連鎖球菌などがあり、その時の腸内フローラの流れに従うという作用があります。つまり、善玉菌が多ければ善玉菌側、悪玉菌が多ければ悪玉菌がわにつきます。

その為、腸内フローラのバランスとして、
善玉:悪玉:日和見 = 2:1:7 が理想的と言われています。

産まれたばかりの赤ん坊は善玉菌が多いのですが、加齢とともに悪玉菌が多くなり、バランスを崩すようになってしまいます。


つまり、腸内フローラを2:1:3のバランスに保つことが重要となるわけです。

善玉菌は主に糖質をエサとし、発酵を促します。
悪玉菌はタンパク質をエサとし、腐敗を促します。

悪玉菌か善玉菌かどちらか優勢かを調べるのは、やはり便やおならが有効なようです。
便を採取して、顕微鏡で数を数える・・・というのは現実的ではないですよね?
善玉菌優位の腸内から排出される便は、便通がよく、一日にバナナ2〜3本ぶんくらいが理想のようです。腐敗も進んでいないので、匂いも少なく、色も赤ちゃんウンチのように黄色がかっています。

一方、悪玉菌が多いと、腐敗が進むので、匂いが臭くなり、便秘や下痢にもなりやすくなります。それだけでなく、日本国から難病指定されている「潰瘍性大腸炎」になるリスクも高まり、アレルギーの発生率も多くなるようです。


ウンチの量・質を気にかけ、腸内のお花畑を育みましょう。

*抗生物質は腸内細菌を攻撃し、フローラが破綻してしまうので、乱用しないようにしましょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA