筋膜って??

最近なにかと話題の筋膜
ですが、かなり昔から治療家の間では治療ターゲットとされていました。

特に、「ロルフィング」という主義ではず〜〜〜〜〜っと

「筋膜を整えます」
「筋膜の歪み・硬結が多部位に影響を与えています」

と言っていたのですが、「ロルフィング」・・・知っている人は少ない・・・
コマーシャル下手なのか、わざとそれほどアピールしないのか・・・


まぁそれはそれとして、
「筋膜」というと色々な説明がされますが、
広義では

「結合組織全体を含むネットワーク」のことを言います。私もこの考えです。

人間には4つの細胞に分化されます

  • 上皮細胞
  • 結合組織細胞
  • 筋細胞
  • 神経細胞

それぞれが機能特化しており、結合組織細胞は

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • レクリチン(未熟なコラーゲン)

そして

  • 細胞外マトリックス

となります。

わかりづらいのを承知で

上記のようなネットワーク(マトリックス)により、「人間」という形を型どります。その中で、無機塩・炭酸カルシウム・リン酸カルシウムで「骨」を型どります。(ここまでは結合組織によるもの)

その上に、筋細胞や上皮細胞・神経細胞を設置していくイメージです。

あくまでベースは結合組織細胞・細胞外マトリックスというわけです。


ちなみに、細胞外マトリックスは、プロテオグリカンで構成されており、

「運動と重力のストレスを分配している」

これかなり重要です。特に治療家にとっては!

身体にかかる負担をどこで支えるか?の考えが違えば治療方針も変わってきますから。


それはそれとして、

これらの理由からも「筋膜をリリースしましょう」とはかなり有用なアプローチです。
適切に、適宜筋膜の負荷を減らしていければ、「運動と重力のストレスを分配している」ものをリセットできることになります。

するとその先の骨や靭帯(結合組織でもあるが)、靭帯への負荷が減少します。
細胞外マトリックスは「可逆的」なので、負担がかかったら取ればいいい。

しかし、骨は一旦変形してしまうと「不可逆的」なので、修正はできなくなります。


適切に、適宜、筋膜リリースを行うようにしましょう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です