痛みが拡がっていく

「痛みが拡がる」
初めは、肘が痛かったのに、肩や手首・・・そして反対側の肘まで痛くなってきた・・・気がつくと足も痛い気がする・・・

あまり経験することではありません。
もちろん、炎症が飛び火しているわけでもありません。
こんなことがあるのでしょうか?


外傷や手術の後に、その程度や治癒過程から説明できない、もしくは釣り合わない神経の支配域とは無関係な疼痛が現れることがあります。
それを「CRPS(複合性局所疼痛症候群)」と言います。
CRPSの症状は様々です。
灼熱痛、感覚過敏・感覚低下、皮膚の色の変化(発赤、チアノーゼなど)、発汗異常(過剰、過少)、皮膚温度の異常(温度の上昇、低下)、皮膚の浮腫み・萎縮・色素沈着、骨の萎縮、筋肉の萎縮など、全く逆の症状も生じます。慢性化すると関節拘縮をきたしなかなか治りづらくなってしまいます。


CRPS の臨床的診断基準(2005年、国際疼痛学会)

1:きっかけとなった事故や怪我などのイベントに不釣り合いな持続性の疼痛

2:以下の4項目のうち3項目に少なくとも1つの症状があること

・感覚異常:感覚過敏、触れた程度での異常な痛み

・血管運動異常:皮膚温の左右差、皮膚色の変化、皮膚色の左右差

・ 発汗異常/浮腫:浮腫、発汗の変化、発汗の左右差

・運動異常・萎縮:可動域の低下、運動障害(筋力減少、振戦、ジストニア)、萎縮性変化(毛、爪、皮膚)

3:評価時に以下の2つ以上の項目に少なくとも1つの徴候があること

感覚異常:疼痛過敏(針で刺すことに対して)、感覚異常(軽い接触、温冷刺激、体部の圧刺激、関節運動に対して)

血管運動異常:皮膚温の左右差(1℃超)、皮膚色の変化、皮膚色の左右差

発汗異常/浮腫:浮腫、発汗の変化、発汗の左右差

運動異常・萎縮:可動域の低下、運動障害(筋力減少、振戦、ジストニア)、萎縮性変化(毛、爪、皮膚)

 

上記の症状と徴候をよりよく説明する他の診断がないこと。
(感度85%、特異度69%)


治療法が確立されているわけではありません。が、

脳の身体図式(脳の中にある身体の地図)と実際の身体との乖離

感覚と運動の乖離

が問題と言われています。
どういうことかというと、

身体図式と実際の乖離
頭の中にある、手はここにあって、これぐらいの大きさで・・・という情報と実際の位置や大きさが異なることで、痛みとして生じる

感覚と運動の乖離
身体図式の乖離と同様なのですが、例えば肘を伸ばしていると頭が考えていても、実際に肘を見ると曲がってきているなど


感じているものと生じているものの乖離を修正する必要があるようです。

感覚統合だとか、感覚運動トレーニングを利用し、焦らずに内省しながら治療していきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です