神経障害性疼痛

ちょっと前からCMでも話題になっている

「神経障害性疼痛」

今までの「痛み」と何が違うのでしょうか?


一般的な痛みは「侵害受容性疼痛」と呼ばれ、怪我や外傷など明らかな誘引がわかっている炎症症状です。
一方「神経障害性疼痛」とは何らかの原因により神経が障害され、それによって起こる痛みです。
例えば、帯状疱疹が治った後の長引く痛みや、糖尿病の合併症に伴う痛みやしびれ、坐骨神経痛、また脳卒中や脊髄損傷による痛みなどがあります。

明らかな原因がわからず、痛みが長引く場合は、神経が障害されている「神経障害性疼痛」である可能性があります。


神経障害性疼痛は、市販の鎮痛薬ではほとんど効果が得られない痛みです。原因である炎症がないので消炎鎮痛剤は効果がないということですね。
痛みの種類を見分けることは大変難しいことですが、神経障害性疼痛にはいくつかの特徴的な症状を訴えることがわかっています。

  • 痛みが長期間続いている
  • しびれ感を伴う痛みを感じる
  • 発作のように強い痛みが、短い間隔で襲ってくる
  • 普段は何でもない程度の刺激に対して、強い痛みを感じる
  • 少しの痛みが、とてもひどい痛みに感じる
  • 針で刺したような鋭い痛みを感じる
  • 電気が走るような痛みを感じる
  • 感覚が鈍くなる、なくなる

これらの症状に当てはまる場合は、「神経障害性疼痛」かもしれないので、医療機関を受診するようにしましょう。


薬として「リリカ」が処方されることが多くあります。

NSAIDsやステロイド剤とは異なり、「神経障害性疼痛」に特化した薬となります。
リリカは、
神経の中に流れている痛みなどの感覚を伝達する物質を、神経細胞間に痛みを伝達するのをブロックする(カルシウムを遮断)することで痛みを抑制するようです。

副作用が強いので、必ず使用用量を守りましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です