痛み止めの副作用って?NSAIDsの1

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)とは、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称です。
要は、ステロイドではない抗炎症薬です。

NSAIDsと言われると良くわからないと思いますが、
バファリン
ロキソニン
ボルタレン
イブ
セデス

などです。
あぁ〜!といった感じで、かなり馴染みのある薬ではないでしょうか?

ごくごく一般的な薬で、何の気兼ねもなく飲んでいる人が多いと思います。
ロキソニンに至っては、常にバックに入っている友人もいます。

しかし、不耐症(過敏症)の方も実は多く存在します。


不耐症の人がNSAIDsを取るとどうなるか?
その過敏症状により、
「喘息型」と「蕁麻疹型」の2つに分けられます。

「喘息型」
ベースに喘息を持っていない人には生じないのですが、
喘息患者の10%程度には生じるようです。そのため、痛み止めを飲み始めてから喘息症状が出たり、鼻水などの風邪症状が悪化したという場合には注意が必要です。

「蕁麻疹型」
皮膚に盛り上がったかゆみをともなう蕁麻疹、もしくは唇や眼瞼(まぶた)、顔面が膨らんでしまう(血管浮腫と呼びます)副作用があった場合、痛み止めによる蕁麻疹・血管浮腫の可能性があります。これも慢性蕁麻疹の人の20-30%の人に見られているようで、かなりの割合で生じています。


「痛み」はかなり不快な刺激なので、とはいっても服薬すると思います。
そこで、作用機序をおさらいしましょう。

NSAIDsは痛みの原因と言われるプロスタグランジンの分泌を抑えること(シクロオキシキナーゼという酵素を阻害する)で作用しています。プロスタグランジンには

1) 知覚神経を過敏にして痛みを起こさせる
2) 血管を拡げる
3) 発熱を促す
4) 交感神経の働きを抑制する

という作用があります。

そのため、プロスタグランジンを抑えることは、
血管収縮・交感神経の活動亢進にもつながります。

それらが原因で痛みが出ている人の場合は「痛み止めが効かない」ということになります。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です