7つの身体意識

身体意識には大きく分けて7つの意識があります。
それぞれ、身体を作る上・姿勢を作る上・動作を作る上で重要であり、
その意識が正確にも表出してきます。


1:センター

「軸」や「正中線」と呼ばれるもので、身体の中心を上から下へまっすぐに貫いています。重力線と同様です。センターの意識がしっかりしていると、重力に対して抗する力が自然と生まれます。そのため、「スッと立って、動いている」という印象が生まれます。身体の中心がしっかりと意識できているので、左右のバランスが良くなり、回転する際の軸が生まれます。もっとも基本的で重要な意識です。
センターの意識が低いと、高齢者のような姿勢となります。頭が天へ向かって「スッと」はならず、地面に引っ張れて潰れているような…一歩一歩踏みしめながら歩くような印象です。またふさぎがちになりやすくなります。


2:下丹田

「丹田」と良く言われる身体意識です。臍のやや下の身体意識であり、下半身が落ち着き安定する、肝が据わるといった効果があります。横隔膜や大腰筋の部位になるので、呼吸が落ち着き、体幹と下肢の接続が安定するというわけです。下丹田が欠乏してしまうと、下での安定がなくなるので、ふわふわした感じになり、頭に血が上りやすくなります。


3:中丹田

胸の中心からやや下の身体感覚であり、「胸を叩く」際に叩く部位です。中丹田の意識が向上すると、積極的・情熱的になりいわゆる「熱い人・エネルギッシュな人」となります。


4:リバース

自分からほかの人・物に対してかける放物線状の身体意識です。
人を好きになりやすく、人からも好かれやすい、「人ったらし」のような存在にになります。周囲とのコミュニケーションが上手でまとめるのが上手な人に多い身体意識です。
子供に物を渡す時の「はい・どーぞ」のイメージの軌道です。


5:ベスト

タンクトップを着たときのラインのイメージです。要は肩のイメージが、「肩関節」か、「肩甲骨」かの違いです。肩甲骨からイメージできていると、体幹をしっかり使って上肢の動作ができるため、上肢が長く使えたり、支えていても疲れづらかったりします。余計な力が入らないので、肩こりともおさらばですね。


6:裏転子

お尻から、膝までの中間くらいまで伸びる身体意識です。お尻からハムストリングスまでが活性化するため、立つ・歩く時など、身体を前へ前へ持っていくことができます。多いのは、太ももの前の筋肉を使ってしまい、ブレーキをかけながら動作をしてしまう人ですが、それとは逆に、常にアクセルをかけながら動作ができるようになります。


7:レーザー

身体(仙骨〉から一直線に人や物へ向かう身体意識です。動作時の「照準」となるので、歩くや走る・泳ぐといった際のガイドラインとなり、身体を安定させます。また、目標に対してまっすぐに進むという効果もあるので、ぶれることがなく安定した性格となります。逆に強すぎると「とっつきづらい」ということもあるようです。


ここまで7つの身体意識をお話ししました。身体の健康でいうと、

1:センター
2:下丹田
5:ベスト

が大切かなと思います。

まずは意識しやすい「センター」から練習してみましょう。

天から地へまっすぐ伸びているものを見ながら、投射すると意識しやすくなります。正確にやるなら、紐をつけた重錘を垂らして、毎朝確認するとgoodです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です