疲労回復物質はなんだ?イミダペプチドってなんだ?

最近、疲労を科学的に解明する研究が進んできています。それにより、これまで疲労回復のための「常識」と考えられてきたことが覆されてきています。


栄養ドリンク

栄養ドリンクには、疲労時の栄養補給を謳い文句に、ビタミン・アミノ酸・生薬・漢方由来成分などが配合されています。
栄養ドリンクがかなり昔から登場しています。登場した時期は、まだ日本人全体的に栄養不足であり、ビタミンB1不足の人が多かったためにビタミンB1を配合したものが多くあります。しかし、現在は飽食の時代です。ビタミンB1不足の人も減っています。

「ファイト一発」

では、「タウリン」はどうでしょう?
よくCMで耳にする「タウリン〜g配合!!」
タウリンがたくさん含まれていると疲労回復に効果ある!
と誤解しそうなフレーズですよね?

実際、タウリンは肝機能の回復や脳の機能の回復に多少の効果はあるようですが・・・なんと体内で必要量を合成することができる成分なのです。
魚介類に多く含まれるので、日本人ならまず不足することはないのではないでしょうか?

「翼を授ける」

日本でも市民権を得た感じですね。大きなスポーツのスポンサーになるなど、かなり有名になりました。
先日は、近くの公園で親が幼児に飲ませていたのに衝撃を受けました。
ダメでしょ・・・

実は日本のレッドブルには「タウリン」は含まれていません。
タウリンを含むと「医薬部外品」になるのですが、なにか不都合が生じるのでしょう。
そのため、

砂糖

カフェイン

ビタミンB群

という成分構成になります。

「疲労回復」というより、疲労を隠すための「ドーピング」ですね


では、何が疲労回復にいいのでしょうか?

最近は「イミダゾールペプチド(イミダペプチド)」が効果的と言われています。鳥の胸肉に多く含まれている物質です。他にも回遊魚にも含まれます。
どちらも、長時間の運動(鳥は渡り鳥に多く含まれ、家畜化された鶏にも多い)をする生物だということです。

疲労の原因は、活性酸素による酸化ストレスです。
イミダペプチドにはそれを軽減する抗酸化作用があり、それが疲労を軽減してくれるのです。
もちろん、ビタミンA/B/Cにも抗酸化作用があります。
イミダペプチドの方が、体内での持続力が長いと言われており、従来の抗酸化作用のあるビタミンよりも有効と言われております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です