脂質は悪者か?

「なるべく脂質はとらないように!」とよく聞きますよね?
油を使う料理をさけたりするということを聞きます。

脂質(脂肪分)=体脂肪と連想しやすいのかもしれません。
ですが、脂肪を摂取したからといって、=体脂肪とななりません。

どちらかというと、糖質(炭水化物の中にも含まれます)を摂取した結果、脂肪となって体内に保存するという作用の方が大きいのです。

では、脂肪は悪者なのでしょうか?

脂肪には色々な種類があります。
そして、摂っていい脂肪と、摂らない方が良い脂肪とあります。
まずは、大まかに「脂肪」として、役割を考えてみましょう。

 

効果1:皮膚の乾燥予防

脂肪は細胞膜を作るので、皮膚の水分保持能力に関係します。また、皮膚や粘膜の健康維持に重要なビタミンA・βカロテンは「脂溶性」なので、脂肪を一緒に摂ることで吸収率を高めることができます。

 

効果2:便秘解消

脂肪のなかでも、特に「オレイン酸」は便を柔らかくし、排便を促す作用があります。小腸で吸収されなかった脂肪酸が、大腸まで行き、腸粘膜を刺激し、排便を促すためだと考えられています。

 

効果:3:骨粗鬆症の予防

カルシウムの吸収を促進するビタミンDは脂溶性なので、脂肪を同時に摂るとビタミンDの吸収率up→カルシウムの吸収率upとなります。

また、体内で合成されるビタミンDも、コレステロールが原料とされるので、ビタミンDの体内生成のためにも必要になります。


他にも、脂肪の色々な効果(空腹感の軽減・脳出血予防・記憶量低下予防など)が言われていますが、私自身がまだ納得していないので、記載は割愛させていただきました。


もうカロリーで計算する時代は終わろうとしています。
カロリー計算時代という不遇の時代で脂質は悪者になりましたが、徐々に脂質の役割や、脂質の種類も理解されてきているので、今後の活躍が期待されますね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA