人工甘味料について

スーパーやコンビニへ行くと、カロリーフリーや、ZEROカロリーなどの甘いジュースが溢れています。
そこには糖質は使われておらず、「人口甘味料」によって甘みがつけられています。
「カロリーや糖質がないのに甘い!!」
それだけ聞くと、画期的な商品です。

確かに人工甘味料は、「糖質」ではありません。

ですので、摂取しても、インスリンの作用(筋肉へのアミノ酸の取り込み促進・金タンパク質合成のシグナル促進)が促されないので、インスリンの過剰分泌が生じません。

ということは、人工甘味料はいくらとっても太らない!ということでしょうか?
実際に、「糖質フリー・カロリーフリーだから」ということで人工甘味料の入っているジュースを選ぶ人もいると思います。
しかし、人工甘味料の消費が増えても、糖類使用飲料の消費も、肥満者の割合も減っていないどころか、増え続けているとのことです・・・???

近年の研究で、砂糖と人工甘味料、味は甘いのですが、脳のMRIでみると、砂糖摂取で活性化する「報酬系」のエリアを活性化させないようです。そのため、人工甘味料をとっても、糖質を摂りたいという欲求は抑えられず、結局糖質を欲するということらしいです。

別の実験では、人工甘味料も舌の受容体に反応し甘みを与える(舌と消化管と膵臓は受容体が同一)ので、結局インスリンを分泌している。という可能性も考えられるとのことです。

結局、人工甘味料についてはよくわかっていないのが現状のようです。わかっていることは、人工甘味料の技術が進んでも、肥満や糖類使用飲料の消費は減っていないということですね・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です