抗酸化物質vs活性酸素

活性酸素は細胞を酸化させ、病気・老化・疲労の原因をつくると言われています。
そのため、活性酸素をできるだけ除去し、細胞の老化を防ごうという試みが美容業界を中心に活発になっています。細胞が老化すると、栄養の吸収も老廃物の排出も機能が低下してしまいます。

 

活性酸素は、
電磁波・農薬・添加物・薬・レントゲン・紫外線などなどによって生じると言われています。
超余談ですが、昔、電磁波を嫌がる「パナウェーブ研究所」っていうのがありましたね・・・


一般的に知られていませんが、「スポーツ選手」は一般の人に比べ、より多くの活性酸素を発生していると言われています。その原因は、

1:呼吸数が多い

2:虚血還流現象:スポーツ時に消化管から筋肉へ血液が動員される。スポーツ終了後に筋肉から消化管へ血液が戻っていくが、その際に大量の活性酸素が発生する

3:炎症

4:体温上昇

5:プレッシャー

などが言われています。


その中でまず対処したいことが

「呼吸数」でしょう。

「呼吸」により取り入れた酸素のおよそ2%が活性酸素に変わると言われています。そのため、上手に呼吸をコントロールしていくことが重要です。

「呼吸のコントロール」と言っても、??となるでしょう。
まずは、自分の呼吸を見つめ直すことが重要です。
空気を吐き出し、、、、吸う。
全身に酸素が行き渡ることを感じましょう。

「自ずと、呼吸数が減少していくことを感じることができます。」


また、「活性酸素」を除去していくことも重要です。
そのために「抗酸化物質」をしっかり摂る必要があります。

代表的なものとして、「野菜」「果物」「ナッツ類」があります。

やはり鮮度が大事なので、アップルジュースよりは、青森県産りんごジュースを飲むようにしましょう。もちろん100%!

*注意:酵素は48℃以上になると活動が止まるので、「生もの」を積極的にとるようにしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA