夜に足が攣る(足がつる)

ミネラル追記


ミネラルは「神経伝達」に関与します。

つまり、身体をうまく機能させるためにはミネラルが必要不可欠なわけです。

神経→筋へと命令がしっかり伝わらなくてはなりません。
その命令を伝える神経回路を「神経伝達回路」と言います。


また、カルシウムが筋肉の収縮に必要なことは有名ですよね。
ちらっと聞いたことがあるのではないかと思います。
しかし、逆に筋肉の弛緩(緩める)ことも重要です。

「緩めることが必要なのか?」とお思いかもしれませんが、
以外と多いのが「足の攣りやすい子ども」
もちろん高齢者もですが・・・
子供にせよ、高齢者にせよ、「夜に足が攣ってしまう」ということはよく聞きます。
実際にこれを読んでくださっている方も経験があるのではないでしょうか?


水分不足
疲労
ミネラル不足

などよく言われますが、
ミネラルの中でも「マグネシウム不足」が大きな原因と言われています。

スポーツをしていると汗をかきます。汗と一緒にミネラルが溶け出してしまうので、もともと保有量が少ないとすぐ足が攣ってしまいます。
高齢者は、普段の生活から過負荷となりやすく、
渇きを自覚しづらくなっているので、常に「脱水症状・ミネラル不足」と言われています。


足が攣りやすい!!という方は、
玄米・大豆製品・海藻類・ナッツ類・にがり にマグネシウムは多く含まれているので、積極的にとるようにしましょう。
ご飯を炊く時に「にがり」を加えて炊くと便利です。


*注意点として、一度に大量にとるとお腹がゆるくなってしまうので、こまめに摂取しましょう。


*スポーツをやっている時に攣りやすい!!という方、
塗るマグネシウムもあるのでお試しを

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA