ジョコビッチ流睡眠術

グルテンフリーで有名なジョコビッチですが、「睡眠」の重要性も謳っています。実際大部分の人は「睡眠」を軽視しているのではないでしょうか?

仕事が終わらない・・・テストが明日ある・・・時間がない・・・
などで、睡眠時間を削っている方も実際に多くいると思います。

「睡眠」は「運動」「食事」と並ぶ3つの大切な習慣です。
それをないがしろにすることはあってはならないことです。

最高の眠りを得るための7つの工夫を紹介します。

1:いつでも可能な限り同じ習慣を守る
人間には体内時計があるので、いつも寝ている時間に眠りやすくなるようになっている。そのため、「明日は休みだから」などと考えて寝る時間を遅くしたり、「今日は休みだから」と考えて起きる時間を遅くしないように。できるだけ生活パターンを一定にすると、全てが調和してきます。

2:カフェインは取らない
アルコールとカフェインは体内時計を調整する能力を邪魔する代物

3:有益な活動を減らしていく
就寝前はゆったりと時間を過ごすことが重要。思考の瞑想に適した時間なので、ヨガをしたり、読書をしたり、日記をつけたりして過ごすこと

4:世間と隔絶する
就寝前は邪魔な音を遠ざける。ヒーリング効果のあるサウンドマシーンを導入したりして、近所の雑音や、階下から聞こえるテレビの音をシャットアウトする。

5:本来起きるべき時間より早く目覚めたら、横たわったままでいる
早く起きすぎて、「まだこんな時間!」とイライラしたり、ベッドから出て雑用を済ませるのではなく、瞑想に活用して睡眠不足からくるストレスから解放される

6:メラトニンサプリメントを服用する
メラトニンは、長時間のフライトの後に肉体が時差ボケから回復したり、一日24時間のリズムを取り戻したりするために分泌される天然ホルモン

7:朝、目覚めると日光に当たる
日光により体と脳に「そろそろ仕事の時間だ」と知らしめることができる

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です