トランス脂肪酸は悪者

だいぶ知られるようになった、最悪の油「トランス脂肪酸」。

「食べるプラスチック」(分子式がプラスチックと類似)と呼ばらたりしています。

誇張しすぎという意見もありますが・・・世界的な視点では、

 

デンマークでは2003年から規制が始まっていて、現在ではすべての食品について油脂中のトランス脂肪酸の含有量を2%以下に制限

アメリカでは2018年から全面禁止となっています。

現状での日本の対応はまだ遅れています。

製パン会社が「減量していきます」言っていましたが、そもそのも使用量が多すぎる!!CMでもまだ「マーガリン、ジュッワー!」言っていますからね・・・


栄養にならないどころか、毒と言われています。

研究では

心筋梗塞や狭心症のリスク・アレルギーの増加・肥満になりやすい・・・などなどネガティブな結果が出ています。


「マーガリン」がよく叩かれますが、他にも

ショートニング:菓子パンや、クッキーにめちゃめちゃ入っている

サラダ油やキャノーラ油にも入っている

コーヒーフレッシュ:「ミルク」いかがですか?言われると「嘘つき」と思う

などなど、普段から食しているものに大量に入っています。


それらを「絶対食べない」というのは現実的に難しいと思います。

それらが身体に良くないことを理解し食べるのと、理解しないで食べるのとでは、その他の食事や生活の仕方が変わってきます。

しっかり知識として親も、子供たちも知っておきたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です