脂質は摂らない方がいい?

脂質にも種類があります。

2つにわけると、

「飽和脂肪酸」・・・肉類/バターなど動物性

「不飽和脂肪酸」・・・植物性/魚

固形物が飽和脂肪酸・液体が不飽和脂肪酸になります。


飽和脂肪酸はできるだけ摂らない方が良いと言われています。理由は、常温で固体のため

 

「常温で固体となる飽和脂肪酸は、人間の体内で解けないため、血液中で固形化してしまう」とのことです。

消化吸収の際に分解されてもダメなのか??

ですが、極力食べない方が良いというのは色々な場所で言われています。


一方、不飽和脂肪酸にも種類があります。

一価不飽和脂肪酸 :オリーブオイル・マカダミアナッツ・ヘーゼルナッツなど

多価n3系不飽和脂肪酸(オメガ3)

:ごま油・亜麻仁油・くるみ・マグロ・さば・さけ

多価n6系不飽和脂肪酸(オメガ6)

:ひまわり油・大豆油・コーン油・卵・さわら

 

不飽和脂肪酸では、オメガ3系が大人気です。

現代人はオメガ6系をとりすぎているのですが、それらのバランスが重要です。

「亜麻仁油」など最近話題となっておりますが、それらオメガ3系だけをとっていてもダメです。

何事もバランス!よく食事をとっていきましょう。

オメガ3系:オメガ6系は1:4程度

しっかり摂っていきましょう

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA