食事と消化器官

消化器官の働きは

午前4時〜正午  :排泄

正午〜午後8時  :摂食

午後8時〜午前4時:吸収

 

が優位になると言われています。

 

ですので、朝は無理に食べなくても良いという考え方もあります。

特に成人の場合は、解毒の時間(消化管に負荷を追加せず、内容量を減らして行く時間)をしっかり作ると良いでしょう。

 

子供の場合も、消化器の負担を減らすためにあまり食べなくてよいと言われています。しかし、「朝練」や「午前練」がある場合は、しっかりエネルギーを摂取しないと動けませんし、せっかく行ったトレーニングが身体に宿りません。

また、しっかり早起きをして胃腸の準備を整えてから食べるようにしましょう。

 

また、胃腸も時々は休憩が必要です。胃腸器官が衰えてしまうと、解毒、代謝機能が低下してしまいます。

たまになら、朝寝坊・夜早く寝てしまうなど、意図せずに食事ができないことがあってもいいでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です