呼吸と内臓と運動と

呼吸をすると、

横隔膜・肋骨が動かされます。

そして、体幹のインナーユニットが活動します。

体幹部がインナーユニットによる、

圧力コントロールにより活性化されるとどうなるでしょう?

内臓が活性化」されます。

 

内臓は不随意筋によりコントロールされているので、意識してコントロールすることはできません。

しかし、体幹のインナーユニットは随意筋なので意識的にコントロールできます。

 

あまり運動してないな〜〜〜って時に運動をすると快便になる。

など経験したことありませんか?

 

私は資料作りなどで運動がなかなかできない状態が続き、

やっと運動ができる〜〜と思って、ランニングしたところ

びっくりするくらい出たことがあります・・・食事中の方すいません・・・

 

外部から刺激を加えることで内臓機能が高まり、

さらに循環も改善されます。

 

やっぱり運動って大事なんですね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA