呼吸をするということ

「呼吸」はどういうイメージでしょうか?

単純に、「酸素を取り入れる」だけではなさそうです。

 

まず、呼吸の主な動力は「横隔膜」になります。

上部腰椎・肋骨・胸骨にドーム状についており、

吸気時に下がり

呼気時に上がります

 

また、

横隔膜が働くのと共同して

骨盤底筋

腹横筋

多裂筋

が働きます。

これら4つはインナーユニットと呼ばれ、

肋骨がなく不安定となりやすい下部体幹を

内圧のコントロールにより安定させます。

 

つまり呼吸をするということは、体幹の安定性に影響を与えます。

さらに、横隔膜周囲に「大腰筋」「腰方形筋」がありますので、

体幹−下肢、体幹−骨盤へのつながりにも影響を与えています。

 

ということは、

「ゆっくり、ふかく、自由に」呼吸できない状態であれば、

身体のバランスがガタガタ、体幹と下肢・骨盤との連動もガタガタとなってしまいます。

それは、足の長さの違いや、脊柱の彎曲・側弯・肩こりなどの様々な症状として表出してきます。

 

まずしっかり呼吸ができるということは、身体をコントロールする上での基本的なことになります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です